おすすめ記事:いろんな雇用形態から探せる「スマイルSUPPORT介護」

メリット豊富なデイサービスの仕事!

働くメリットに注目したいデイサービス

LINEで送る
Pocket

介護業界での理想の働き方

介護業界で働くには、介護施設側が求める人材と応募する側、双方のマッチングが必要不可欠です。就職や転職で介護職に関心を持ち始めたら、まずは応募する施設形態を確かめましょう。入所型介護サービスに就くのか、あるいは通所型介護サービスのデイサービスなどで働くのかを考えてみましょう。
今回は特に日勤だけである、デイサービスで働くメリットを紹介します。仕事内容の概要から、豊富にあるメリットを知りましょう。

デイサービスで働くメリット

デイサービスは民間会社が運営を行なうこともあり、求人数が比較的多い傾向にあります。また夜勤がない日勤のみのデイサービスは、子育て世帯や、不規則な勤務を避けたい人には適した環境でしょう。家庭を持ちながら働くには、環境が整っていて、身体的負担も少ない点がメリットです。勤務時間が決まっているので、働く側の都合にも合わせられる部分も安心できます。そのため主婦であっても無理なく、家事育児をこなせるのではないでしょうか。残業もほとんどなく夕方には帰宅できます。このように、ライフスタイルに合わせた働き方ができることは、大きなメリットでしょう。
扶養範囲内で働けることも、メリットと捉える方は多いはずです。パート勤務で働く時に扶養内で働きたいと希望する人は、介護施設側に事前確認しておきましょう。そして、勤務相談可能な介護施設であるかの確認も大切です。
デイサービス利用者の要介護度についても、基本的に生活が困難である介護レベルの方は少ないです。自立している利用者が大半なのです。そのため、身体的負担が軽くなります。老人ホームなどの勤務経験があると、介護レベルの低さに驚くかもしれません。
レクリエーションでは、利用者とのコミュニケーション力が必要です。そして、レクリエーションに関する知識や技術は、今後特に求められるスキルになります。スキルアップを目指して、専門性を高めていきましょう。

私生活にも役立つスキル

利用者に対して細かい気遣いが必要になってくるデイサービス。自分自身の持つ優しさを活かしたり、年齢や性別なども特に縛りがなく、やりがいのある仕事です。将来的にも役立つことが豊富にあります。例えば、親族の介護が必要になった時に、仕事での経験が活きるでしょう。またコミュニケーション力がアップすれば、子育てやプライベートで多く人との交流にも自信がつき、他のことにもチャレンジ精神を持って取り組めます。
このような様々なスキルがデイサービスによって自然に身につき、仕事内容にも活きる部分が生まれていきます。

ピックアップ!

特集カテゴリ

デイサービスで働きたいあなたへ

介護職の中でも、通所介護にあたるデイサービス。要介護度の軽い利用者が多く、働く側にも負担の少ないのが特徴です。デイサービスで働く上での様々な情報をお伝えしていきます。具体的な仕事内容から、働くメリット、デイサービスへの適性など、転職する前に知っておきましょう。転職エージェントの情報も紹介していきます。【お問い合わせ先】